ふるさと納税は簡単?

ふるさと納税の収め方

2008年に税制の抜本的改革によって始まったのが、元々は法律で存在した各自治体への寄付金制度を内容を一新し拡充したふるさと納税です。ふるさと納税はこれまで住民税など法律で記載されている税金を払うためには現在住居登録している地域に対して支払うことが義務だったのですが、それでは住民の人口密度によって支払額に違いが生まれてしまい格差が生まれることになるデメリットがあったのです。
そこで住民税をかつて自らの住んでいた場所を発展させたいニーズは少なからずあったので、そのニーズにこたえるために住民税を支払う義務を軟化させ様々な自治区に支払うことが出来るようになったのです。ふるさと納税を支払う方法もすごく簡単で、最低賃金として自己資産の2000円以上を目安に支払いたい各自治体に支払いたい額を申告し預金から直接郵送するかネットでの支払いで支払うだけです。

ふるさと納税のメリットは

人口密度に掘る地域格差を解消するために始まったふるさと納税ですが、実際に納税を行うと様々なメリットがあります。ふるさと納税のメリットで一番わかりやすい形としては寄付してくれた各自治体が行っているサービスで、寄付をしてくれてた寄付納税者に対して還付の意味合いで地産のお米や牛肉など食品を代表するように多種多様の名産品を送ってくれることです。
そして確定申告の際には自らの住んでいる場所に対して住民税を支払う際に所得税がかかるのですが、その所得税がふるさと納税をすると額や家族構成によって変動しますが2倍近く払った税金が戻ってくる仕組みになります。そして元々は住んでいた場所が発展してほしいニーズにこたえるために始まった制度ですが、その治める方向も自らで決められるようになっており多岐にわたって送る形でも寄付者へのメリットも比例して大きくなります。