ふるさと納税の仕組みって?

来年支払う税金を少し減らす制度

ふるさと納税はいわば税金の先払いです(手数料的な感じで2000円かかりますが)。納める税金の額は前年の収入をもとに計算されます。これはサラリーマンでも自営業者でも同じシステムになっています。例えば収入から計算して来年は20万円税金を納めるとします。ここでふるさと納税を1万円やっていた場合、手数料的2000円を差し引いた8000円分は先に納税しているので、来年支払う税金額は19万2千円になります。

このままだと「2000円余計に費用がかかっているんですけど?」ということになりますよね?でもそんな文句が出ないのはふるさと納税すると様々なものが御礼として送られてくるのです。「2000円で高級牛肉がもらえる」というのはこう言うことです。また1つの自治体に1万円寄付しても、2つの自治体に5000円ずつ寄付してもふるさと納税額は8000円です。手数料的2000円は年間でかかる金額となります。

ふるさと納税のポータルサイトに登録しよう

「ふるさとチョイス」などふるさと納税のポータルサイトに登録するのが一番簡単な方法です。あなたの収入からあなたのふるさと納税可能額をシミュレーションし、あなたの年間ふるさと納税額も一括で管理してくれるのでとても便利です。また寄付金をクレジットカードで支払ったりも出来るのでクレジットカード払い分のポイントがあなたに貯まってお得です。

「税金関係だから確定申告をしなくちゃいけないのか」という質問がよくあります。5自治体以内ならば所定の用紙を送ってもらい返信することで税務署での確定申告を不要にしてくれます(同じ自治体に2回以上寄付しても自治体数は1です)。この制度の導入でふるさと納税はとても簡単になりました。但し6自治体以上、もしくは1自治体でも申請を忘れてしまった場合は全てのふるさと納税について確定申告をする必要があります。