ふるさと納税ってどんな制度?

話題のふるさと納税よく耳にするけどどんなメリットがあるの?

最近よくマスコミで耳にするふるさと納税ですが実際これが何のためあり、どんなメリットがあるのか中々理解しえない人も多いのではないでしょうか。実はふるさと納税とは簡単にいってしまうと自分の好きな地方自治体を応援する寄付金のことなのです。
日本の国内事情の問題点として特に取り上げられている問題の一つに首都圏人口の一極集中による地方の衰退の懸念があげられています。そのため国をあげて地方の再生、活性化に力を入れているのは周知のとおりです。しかし地方自治体の税収財源不足はまさに逼迫した問題でそのために政府は様々な施策を講じて対応しています。その中でふるさと納税という制度が今寄付する側のメリットの大きさから注目が集まって話題となっています。本来寄付に関するものは、見返りやメリットが余り期待されないものですが、このふるさと納税は御礼品や、税金控除の特典などメリットが多く、かなり人気の高いものとなっているのです。

これだけある!ふるさと納税の特典

ふるさと納税は自分の好きな地方自治体に対して寄付をすることなのですが、まずその大きなメリットの一つ目はふるさと納税分の2000円を超える部分が全額税金の控除対象になり、その年の所得是と翌年の個人住民税より控除されることがあげられます。そして二つ目はふるさと納税をすることで寄付で応援した自治体より地元の新鮮なお米やお肉などの豪華な特産物の御礼がもらえるという特典があります。普通どこの国でも寄付でこれだけの見返りを得られるところはありません。
さらに自分の出身地に限らず好きな地域を複数選べることやその地域への寄付の用途も選べるなど、ただ漫然たる寄付ではなく、様々な実質的メリットが得られるものとしてこの制度に注目が集まっています。
ふるさと納税に関しては、確定申告において世帯年収から寄付金の控除上限額を確認し、実質負担金が増えすぎないようにすれば特典が多く、かなりお得なものとなるのです。